松寿会 採用情報

グループホーム

心和む空間で、おだやかで楽しい暮らしを

特色

大屋冨の地には昔から多くのみかん畑があり、春には白い花をつけ、みかんの花の優しい香りは、多くの人に癒しを届けてきました。
そんなみかんの花のように地域の皆様に愛され、癒しとなり、この地域に無くてはならない存在となれるようにと強い想いの中で、グループホーム「みかんの花」がオープンしました。

グループホーム
グループホーム

グループホームみかんの花の介護方針

みかんの花イメージ「みかんの花のような心和む空間」
「共感・協調、協力できる良好な人間関係」
「地域に愛され、地域との架け橋」
地域の風景と共に生きる暮らし
今まで住んでいた住居の延長として
家庭的な雰囲気で安心のある暮らしを支えます。

グループホーム
グループホーム

グループホームとは?

グループホームは、正式には「認知症対応型共同生活介護」と呼ばれており、介護保険の地域密着型サービスの1つとして定められています。
認知症によって自立した生活が困難になったお年寄りに対して、家庭的な環境のもとで、食事・入浴・排泄等の日常生活のお世話及び日常生活が可能な限り自立して営むことができるよう支援を行う施設です。

サービスの内容

  1. 食事、排泄、入浴、更衣、口腔衛生等の身の回りの介護支援
  2. 買い物、家事等日常生活を行うことによる機能訓練
  3. 日常生活上の入居者自身には行うことが困難であることのお世話
  4. 入居者の必要に応じた相談、援助

定員

2ユニット18名 (各ユニット9名)

要介護認定

要支援2 要介護1-5 ※認知症対応

  1. 坂出市の介護保険被保険者であること。
  2. 要介護1~5のまたは要支援2の認定を受け、かつ医師より認知症の診断(認知症高齢者の日常生活自立度Ⅱa以上)を受けていること。
  3. 少人数による共同生活を営むことに支障がないこと。
  4. 自傷他害の恐れがないこと。
  5. 常時医療機関において治療の必要のないこと。
  6. 他の入居者に伝染する疾患のないこと。