松寿会

松寿会 採用情報

人材育成

あなたの想いに共感したい
職員の数だけ、働き方にも多様なスタイルがあります。介護の知識がないまま入職しても、キャリアアップできる環境は万全。やる気次第でどんどんステップアップできるのも松寿会の強みです。また、お子さんの子育てや自分自身のご家族の介護などがあっても、無理なく働ける制度も整っています。長く働き専門性を高めていくことは、職員にとっても法人にとってもメリットであると考え、人材育成に努めています。

先輩職員の事例

モデルケース1

2012年

入職
介護職として特別養護
老人ホームへ配属

2013年

法人本部管理部門へ異動
経理担当

2014年

法人本部にて経理および新卒採用担当

モデルケース2

2011年

入職
介護職として介護
老人保健施設へ配属

2013年

特別養護老人ホームへ異動
生活相談員

モデルケース3

2001年

入職
介護職として特別養護
老人ホームへ配属

2003年

生活相談員として
デイサービスへ異動

2006年

デイサービス課長

2011年

デイケア・デイサービス
統轄課長

2012年

ケアハウス施設長

2013年

グループホーム、
小規模多機能施設
統轄管理者

資格取得支援制度

キャリアアップしやすい環境をつくるため、松寿会には「資格取得支援制度」があります。職員は早番などで働きながら、日中は資格取得のための通学。学費は奨学金として松寿会が負担します。すでにこれを利用してさまざまな資格を取得している職員も多くいます。

坂出市准看護学院の入学式と戴帽式松寿会からは5名の職員が臨みました(2016年)

作業療法士

坂出市准看護学院の入学式と戴帽式松寿会からは5名の職員が臨みました(2016年)

先輩職員の取得資格の実績

作業療法士

正・准看護師

介護福祉士など

女性のキャリアアップ応援

子育て中の職員を紹介します!

仕事と子育ての両立

子育て制度を活用しながら、松ケ浦荘デイサービスにて勤務しています。育児休暇から復帰した翌年には、新事業立ち上げのプロジェクトに関わらせてもらいました。特に力を入れたことは【くもん学習療法】デイサービスに導入したこと。偶然であった学習療法ですが、ご利用いただく方に何かしたいという気持ちで講座を受けました。

新プロジェクトに奮闘

デイサービス 介護職 田井真希

新プロジェクトに奮闘

当時は同僚へ理解してもらうため、ただ良さを伝えるだけではなく外部講師を招いたり施設見学に行ったりと、自主的に行いました。現在ではサービスとして取り入れるだけではなく、仲間から「次これしよう!したい!」などアイデアが出るようになったことが何よりうれしいです。

子どもがいるからもっとがんばれる!

私が大切にしている「人とのつながり」。子供から元気をもらいながら、
また多くの方との出会いを大切にし、仕事でも、家庭でもプライベートでも!
「笑顔でありがとう」を大切に。